渓谷に佇む美食の隠れ宿 峡泉

宿からのお知らせ

おすすめプラン

バックナンバーはこちら

ご挨拶

暴れ川とうたわれた天竜川の峡谷に料亭の趣で佇む隠れ宿「峡泉」。
館内は天龍峡の薫りに包まれ、お部屋出しの懐石料理は地の旬材を中心に器の演出と共にお楽しみください。
国内でも希少なラドンを含むアルカリ性単純泉のお風呂は、化粧水のような泉質が体も心も温め癒やしてくれます。

守られてきた景観美。天龍奥三河国定公園のなかに。

龍峡一帯の景観を守るため、昭和44年に指定された天龍奥三河国定公園。
その公園内に「峡泉」はございます。

昭和9年、国の「名勝」に。現在、長野県内で5箇所のみ。

天龍峡は、長野県内で5箇所指定されている「名勝」のひとつです。

江戸時代末期、若き文学青年が名づけた「天龍峡」

江戸時代末期に当地を訪れた文学青年が当地の景観に心動かされ、天龍峡と名づけたそうです。

ただただ、時間の流れに身をまかせて

お部屋

  • 天龍峡の懐に抱かれる和室
  • 天龍峡の早瀬を愉しむ和室
  • 天龍峡の自然に溶け込む和室

お食事

  • 特選懐石「峡泉」

  • 旬彩和膳懐石「桔梗」

  • 極上の信州牛しゃぶしゃぶ懐石「天龍」

過ごし方

アクセス

  • 東京・名古屋方面からお越しのお客様へ
    公共交通機関をご利用の場合、名古屋、東京の方は中央高速バスが一番早くて便利です。(電車は遠回りになり、かなり時間がかかります)

    ■ 名古屋から→名鉄バスセンター出発 ■ 東京から→新宿西口(ヨドバシカメラ前)の高速バスセンター出発

    ご不明な点はお電話いただければ詳しくご案内いたします。(TEL:0265-27-3332)

    地図は「+」「-」で拡大・縮小、ドラッグで移動が可能です。
    大きな地図で見る
上のページに戻る