「峡泉」

【部屋紹介】
最も川面に近い部屋、鶴の間(地下一階)

2019.08.22


少しコンパクトにまとまりながら、それでいて落ち着ける雰囲気の鶴の間。


龍の間と同様、全8室ある部屋の中で、天龍峡の自然と川面を最も近くに楽しめる部屋です。


部屋のお風呂は十和田石と木曽檜を使いました。
窓は開け放して半露天にすることができます。


朝起きた瞬間、ベッドから外の景色まで、視界を遮るものは窓枠だけ。
朝靄の中の、或いは、鳥たちが行き交う天龍峡の景色を楽しむことができます。