「峡泉」

【夏のお料理】
「天龍峡十響」(料理)

2019.07.03


今年の夏は、鮎や岩魚、沢蟹など、夏らしい食材の料理です。


明治時代、書道家の日下部鳴鶴によって、天龍峡の場景が十の漢詩として詠まれました。
宿の料理はその十の漢詩の世界を表現しています。


信州牛は熱した石の上に。
ジュッと音と香りが楽しめます。