温泉

天龍峡温泉の成分と特徴

天然ラドン含有量が豊富な放射能泉・・・健康によいと言われている放射能泉

天龍峡温泉は、日本でもめずらしい放射能泉のひとつです。
放射能泉とはラジウムやラドンなどの微量の放射性物質を含むという意味で、効能は皮膚病・婦人病・動脈硬化症・高血圧など、大変療養効果の高い温泉です。

最近は、がんの発生を防いだり、免疫の力を強めているとの研究報告がありました。
飯田下伊那では天龍峡温泉と松川温泉、高森温泉があり、県内でもめずらしい泉質です。


温泉分析書

  1. 申請者
    長野県飯田市川路4847-1 株式会社天竜峡リゾート 代表取締役 西尾 久仁男
  2. 源泉名及び湧出地
    天竜峡温泉 長野県飯田市龍江7065番3
  3. 湧出地における調査及び試験成績
  4. ○調査及び試験者

    一般社団法人 長野県薬剤師会 検査課 係長 黒岩 直樹

    ○調査及び試験年月日

    平成26年10月21日

    ○泉温

    30.6度

    ○知覚的試験

    ほとんど無色澄明、硫黄味を有す。

    ○水素イオン濃度

    pH 10.2

    ○ラドン

    21.02×10-10キュリー/kg

    ○本水1キログラム中に含有する成分(主な成分を抜粋)

    〈陽イオン成分〉
    リチウムイオン/ナトリウムイオン/カリウムイオン/アンモニウムイオン/カルシウムイオン/アルミニウムイオン
    〈陰イオン成分〉
    フッ化物イオン/塩化物イオン/臭化物イオン/水酸化物イオン/硫化水素イオン/硫酸イオン/炭酸イオン/メタケイ酸イオン/メタホウ酸イオン

    ○泉質

    アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)
    [ 分析機関登録番号 長野県第2号 ]

アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)の効能

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進

1 2 3 4

ページトップへ