「峡泉」


夕食

明治中期、書道家の日下部鳴鶴によって詠まれた天龍峡の10の漢詩を料理で表現した、めくるめく世界。
料理を食べ進めることで、天龍峡を舟下りしている気分に。
一見なんだろう、と迷い込み、食感や旨味、深みに舌鼓。
メインは「信州牛の一皿」。その他、季節の川魚やジビエの食材も食べやすく調理し
安心安全で新鮮な南信州の食材で、季節の旬を感じていただけます。
彩り、香り、発見、驚き。イマジネーション広がる創作会席をお愉しみください。
※写真は一例となり、季節や日によってお品書きは変わります。

■ お食事場所 ■
客室によって、お食事場所が異なります。
※お料理の違いはございません。

~お食事場所~
<龍><梟><ムササビ><鶴>ご宿泊
 2019年新設:食事処「仙人」

<ベーシックルーム><あやめ>ご宿泊
 「お部屋食」となり、各客室にご用意。
 ※複数部屋のご予約の場合でも1室でご一緒に
  お召し上がり頂けるのは最大4名様までとなります。

【お品書き一例】はこちら

夕食の仕込みについてはこちら


朝食

信州の新鮮な野菜や、地元、飯田で創業480年以上の歴史を持つ蔵元の味噌を使ったこだわりのお味噌汁。名物の玉子焼き。
やさしくからだが温まるように想いを込めた「すこやか信州ごはん」。
玉手箱のような箱の中には、さらに小さな箱が行儀よく並び、
季節の本物の味を、少しずつ愉しんで頂けます。


■ お食事場所 ■
客室によって、お食事場所が異なります。
※お料理の違いはございません。

~お食事場所~
<龍><梟><ムササビ><鶴>ご宿泊
 2019年新設:食事処「仙人」

<ベーシックルーム><あやめ>ご宿泊
 「お部屋食」となり、各客室にご用意。
 ※複数部屋のご予約の場合でも1室でご一緒に
  お召し上がり頂けるのは最大4名様までとなります。

お食事場所についてはこちら


お食事場所

食事処 仙人

【龍の間】【鶴の間】【梟の間】【ムササビの間】
ご宿泊の方は「食事処」にてご用意。




お部屋食

【ベーシックルーム】
ご宿泊の方は「各客室」にてご用意。


ドリンク

お料理に合う選りすぐりのワイン。北アルプスの雪解け水を使った日本酒や、信州ならではのりんごのお酒や梅酒など。
アルコールが苦手・飲めないという方にもお食事を楽しんでいただくため、手摘みの高級茶、ロイヤルブルーティーや、
信州の様々な果実のジュース、手作りのノンアルコールカクテルなど、見ているだけでも楽しいメニューを取り揃えております。