料理

こだわりの食材

信州サーモン

信州サーモンは、長野県水産試験場が独自に交配して開発したオリジナルの品種です。きめの細かい肉質で、とろけるような食感が特徴。お口の中でとろりととろけます。甘みと旨味が凝縮された濃厚かつ風味豊かな味わいで、新・信州ブランドとしても注目の食材です。

信州産直食材

周囲を美しい山々に囲まれた長野県は、きれいな水に恵まれ、日本屈指の農産物の産地として、美味しい野菜や果物が生産されています。変化に富んだ地形を活かし、多様な作物を作付しているため、四季を通じて多様な食材が楽しめるグルメな地域です。

南信州牛

キメが細かく、とろけるような柔らかい脂肪が特長の信州牛。旨味があり適度に締まった繊細な肉質は、飯田の澄んだ空気と綺麗な水、厳しい気候によって育まれました。徹底したこだわりと愛情を込めて育てる「たかどやファーム」の信州牛を使用しております。
すき焼きやしゃぶしゃぶでとろけるような食感をお楽しみください。

千里豚

南信州は千代の千里豚は、幻の豚肉「千代幻豚」を育てている「岡本養豚場」から新たに生まれたブランド豚です。
脂は甘く、お鍋にしても焼いても身はやわらかく、南信州でしか食べられない希少な豚肉です。

料理長のご挨拶

料理長の写真

季節感を感じる料理を出すのが料理旅館。

春は芽のもの
夏は葉のもの
秋は実のもの
冬は根のもの

という言葉があります。

春は体内の毒素を外にだしてくれる作用のある山菜、
夏は体温を下げ、水分をたっぷり含む野菜、
秋はきのこ類をたっぷりと
冬は身体をあたためるお鍋に合う野菜

身体が欲する味は四季折々で変化します。

自分が美味しいと思うものをお客様にご提供したい。
そのためには、常にアイデア・工夫できるよう考え、
視覚的にも楽しんでいただけるよう、器や盛り付けにもこだわっています。
ぜひごゆっくりと目で見て・舌で味わってください。

国定公園の真ん中にひっそりと佇むロケーションは、静かな時間を求める方には絶好の環境です。
美しい景色を眺め、野鳥のさえずりに耳を傾けながら、お部屋で滋味あふれるお料理をいただく。
こんな過ごし方ができるのが峡泉の魅力です。

料理長 小池清志

ページトップへ