「峡泉」


夕食

明治時代、書道家の日下部鳴鶴によって、天龍峡の場景が十の漢詩として詠まれました。
宿の料理はその十の漢詩の世界を表現しています。

■ お食事場所 ■
客室によって、お食事場所が異なります。
※お料理の違いはございません。

◆<龍の間><リノベーションルーム>ご宿泊の方
 2019年新設:食事処「仙人」にてご用意。

◆<ベーシックルーム>ご宿泊の方
 「お部屋食」となり、各客室にご用意。

夏の料理についてはこちら

夕食の仕込みについてはこちら


朝食

信州の新鮮な野菜や、こだわりのお味噌汁。名物の玉子焼きなど安心で健康的なお食事。

■ お食事場所 ■
客室によって、お食事場所が異なります。
※お料理の違いはございません。

◆<龍の間><リノベーションルーム>ご宿泊の方
 2019年新設:食事処「仙人」にてご用意。

◆<ベーシックルーム>ご宿泊の方
 「お部屋食」となり、各客室にご用意。

お食事場所についてはこちら


お食事場所

食事処 仙人

【龍の間】【リノベーションルーム】
ご宿泊の方は「食事処」にてご用意。




お部屋食

【ベーシックルーム】
ご宿泊の方は「各客室」にてご用意。


ドリンク

お料理に合う選りすぐりのワイン。北アルプスの水を使った日本酒や、信州ならではのりんごのお酒や梅酒など。
アルコール以外にも、手摘みの高級茶、ロイヤルブルーティーや、信州の様々な果実のジュースなど、
見ているだけでも楽しいメニューを取り揃えております。