ご挨拶

暴れ川とうたわれた天竜川の峡谷に料亭の趣で佇む隠れ宿「峡泉」。
館内は天龍峡の薫りに包まれ、お部屋出しの懐石料理は地の旬材を中心に器の演出と共にお楽しみください。
国内でも希少なラドンを含むアルカリ性単純泉のお風呂は、化粧水のような泉質が体も心も温め癒やしてくれます。

守られてきた景観美。天龍奥三河国定公園のなかに。

龍峡一帯の景観を守るため、昭和44年に指定された天龍奥三河国定公園。
その公園内に「峡泉」はございます。

昭和9年、国の「名勝」に。現在、長野県内で5箇所のみ。

天龍峡は、長野県内で5箇所指定されている「名勝」のひとつです。

江戸時代末期、若き文学青年が名づけた「天龍峡」

江戸時代末期に当地を訪れた文学青年が当地の景観に心動かされ、天龍峡と名づけたそうです。

客室のお風呂でも「美肌の湯」として好評の温泉を満喫。

気兼ねなく湯に浸かったあとは、瀬音に耳を澄ませてひと涼み。
隠れ宿として、お食事と共に客室での時間をごゆっくりとお寛ぎ下さい。

ただただ、時間の流れに身をまかせて

ページトップへ