温泉

温泉天国 南信州で健康に良いお湯めぐり

さまざまな効能を持つ温泉が分布する「温泉王国」

吉川善行先生下伊那厚生病院福祉部長
古川善行先生 (温泉療養医/温泉アドバイザー)

信州は、さまざまな効能を持つ温泉が分布しており、200を超える温泉を持つ「温泉王国」です。

この中で、飯田下伊那地方というのは、北信などにくらべて、地面の下が花コウ岩という硬い岩盤に覆われており、お湯が簡単には出にくい場所が多いようです。

塩化物泉の特徴・・・なめると塩の味・・・

この地方の温泉の特徴は、まず第一に塩分の強い温泉があるということです。「塩化物泉」という性質の温泉ですが、大鹿村や南信濃村・阿南町などにあり、舐めると塩の味がします。

これは、やけど・きりきず・皮膚病・慢性婦人病などに良いとされています。  

次の特徴として、アルカリ度が強いということがあげられます。昼神温泉はじめ多くの温泉でこの特徴があります。
温泉につかった時に、肌がつるつる滑った感じになりますね。

これは肌にもとからある油分とこのアルカリ性のお湯が混ざり、石けんのような物質を作り出している時の現象で、つるつるした感触になるのです。このお湯は、肌にやさしく保湿効果が長持ちするという効果があります。

塩化物泉の特徴

放射能泉(ラドン・ラジウム温泉)・・・長野県でもめずらしい成分

そして最後の特徴は、「放射能泉」。
放射能というと驚くかもしれませんが、ラジウムやラドンなどの微量の放射性物質を含むという意味で、効能は皮膚病・婦人病・動脈硬化症・高血圧など、大変療養効果の高い温泉です。最近は、がんの発生を防いだり、免疫の力を強めているとの研究報告がありました。

飯田下伊那では天龍峡温泉と松川温泉、高森温泉があり、県内でもめずらしい泉質です。

放射能泉(ラドン・ラジウム温泉)

飯田下伊那は全域にわたって広く温泉が分布・・・正しい入浴方法を

どの温泉にも、その成分表と効能および入り方や禁忌症(こんな症状の方は利用できないという病気)が表示してありますので、その注意書きをしっかり読んで、正しい入り方を心掛けていただきたいと思います。 

飯田下伊那の温泉は、全地域にわたって、広く分散していますので、どこに住んでいても、手軽に行ける温泉でありとても恵まれた地域でしょう。どんどん利用して健康増進の役にたてていただきたいと思います。

浴場

1 2 3 4

閉じる

プライバシーポリシー

1 個人情報の収集目的・利用・提供

当社は、お客様からご提供または預託いただくお客様の個人情報を、お客様に当社の商品・技術・サービスを提供するため、アフターケアのため、あるいはお客様が希望される事項の実現のためのお客様との連絡のため、当社において正当な事業遂行の範囲内で利用し、ご本人の同意を得ずに第三者に開示・提供いたしません。

2 個人情報の安全対策

当社は、お客様の個人情報を第三者による不正アクセス・盗難・改ざん・破壊などから保護するため、下記の予防策を講じています。

  • インターネットを介してお客様から個人情報をご提供いただく際には、情報データの暗号化(SSL)またはそれに準じる方法を利用して、不正アクセスの防止に努めます。 ただし、インターネットの性質上、これがセキュリティを完全に保証するものではないことをあらかじめご了承ください。
  • お客様からご提供いただいた個人情報は、当社において個人情報保護管理責任者を定めて厳格に管理いたします。

3 外部サービスとの連携

  • ソーシャルネットワークサービス等の外部サービスとの連携を許可することにより、当該外部サービス又は当社からユーザーに明示した以下情報をご提供いただく場合があります。
    • 端末機種情報
    • ユーザーID
    • 本ページ内の情報へのアクセス履歴
    • ユーザーエージェント
    • IPアドレス
    • 本サービス内の広告へのアクセス履歴及び当該広告からの行動履歴(会員登録、ダウンロード、商品購入等の行動履歴)
    • 広告識別子(IDFAまたはGoogle Advertising ID等)
    • クッキー情報
  • 当サイトに訪問した場合、ソーシャルネットワークサービス経由のアクセスであるかどうかの判断が行なわれます。再度ソーシャルネットワークサービスにログインした際に、この情報を元に広告が表示される可能性があります。

4 他のウェブサイトへのリンク

当ウェブサイトよりリンクを設定している外部のウェブサイトでの個人情報の取扱いについては、当社プライバシーポリシーの対象外とさせていただきます。